しじみエキスを摂るにはサプリメントが一番

しじみを毎日たくさん食べるというのは、しじみが大好きな人であってもなかなか難しいことでしょう。でも、肝臓がきになる人にとっては、少しでも多くしじみの成分を毎日摂りたいと考えるかと思います。そんなときに便利なのがサプリメントですね。しじみの成分を含んだサプリメントも多く発売されていますので、探してみるといいでしょう。

 

しじみエキスのおすすめサプリ


肝臓はお酒以外でも弱るので注意

五臓六腑の一つとして扱われている肝臓は、想像以上に偉大で人間の健康を助けている臓器です。肝臓とはどんな役割があるのか?と尋ねると、多くの人はアルコールの分解と答えるでしょう。

 

その通り、肝臓はお酒を飲むと働いて、アルコールを分解します。そして、お酒と関係の深い臓器であることはテレビや雑誌などを見て知っているので、飲み過ぎを気にされる人は多いはずです。それを証拠にお酒の飲み過ぎは肝臓病を招きます。まず最初に起こるのが脂肪肝で、その次がアルコール性肝炎で、最終段階が肝硬変といった具合に進行していきます。ここまで来るともう治る見込みがないので、そうなる前に早期発見が大切です。

 

そうはいっても肝臓は沈黙の臓器と言われています。健康診断を受診して肝臓の数値を測定しない限り、異常には気づけないそうです。だから、定期的に病院で血液検査をすることが大切なのです。

 

お酒が肝臓病と関わっているから、飲みすぎだけを気をつければいいのかと言えば、そうではなく、食べ過ぎや運動不足も悪化の原因になります。ですから、定期的に運動を行い、野菜を中心としたヘルシーな食事を心がけるようにします。高たんぱく高脂肪の食事は負担がかかってしまいます。ファーストフード店で見られるフライドポテトやハンバーガーがそれに入ります。効率よくエネルギーに変わるところが優れていますが、健康面では良くないので控えましょう。

 

そして、肝臓のために摂取したい食材もあります。卵やごま、しじみや牡蠣、タコやイカ、緑黄色野菜です。牡蠣、タコ、イカはタウリンを含んでいます。胆汁酸の分泌を促進して肝臓の機能を高めます。暴飲暴食によって肝臓に蓄積した中性脂肪を外に排出してくれます。肝臓についた脂肪は病気の引き金になるので、それを取り除くタウリンは注目の栄養素です。ごまは抗酸化力の高いビタミンEが活性酸素を減少させてくれます。ほうれん草にかけて食べても美味しいし、納豆にかけても美味しいです。卵はバランスの良いタンパク質を含んでいます。ダメージを受けた肝臓を再生させる働きを持っているので1日に1個は頂きたいです。